主に過去にやったエロゲの紹介をするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

妹が僕を狙ってる 

【ブランド:ALL-Time】
妹が僕を狙ってる 初回限定版
※購入は下のサイト別バナーから
DMM.com amazon.co.jp


主人公・悠木圭太には、絵里奈、智花、ゆずという三人の妹がいた。
傍から見れば、どこにでもいる普通の兄妹だったが、日に日に成長していく妹たちの体に、いつしか圭太は欲情を抱くようになり、夜な夜な部屋に忍び込んでは、かわいい寝顔をオカズにオナニーを繰り返していた。

一方、長女の絵里奈は、生まれた時からずっと傍に居てくれた兄のことを、一人の男として好きになってしまっていた。
本当の気持ちなんて言わるわけもなく、この想いを気づかれないようにと、冷たく接してしまう日々が続いていた。

そんなある日、悠木家に一人の少女がやって来る。
彼女の名前は悠木沙織。
父親の再婚で新しい家族となった、圭太にとっては義理の姉になる人だった。
美人で優しい沙織は、家事も料理も完璧。
頭も良くて機転も利く、まさに完璧な女性だった。
妹たちともすぐに仲良くなり、いつしか絵里奈も、誰にも相談できなかった悩みを告白するまで信頼関係を築いていく。

しかし、それが全ての悪夢の始まりだった。

沙織の策略によって、決して交わるはずのなかった兄妹の想いと肉体が、禁断の関係へと発展していく。
しかもそれは絵里奈ばかりでなく、智花とゆずにも及んでいくのだった……。


※以下、ネタバレを含みます。


評価

1~10段階評価。総合評価はD~A
ストーリー
キャラ
システム
エロ
自分属性補正
総合評価
4
5
5
6
6
B


レビュー

主人公と3人の妹が住む家に義姉が加わったことによって、妹との関係性が大きく変わっていく。

>>ストーリー

このゲームは、かなりクセの強い作品だと思う。
まず、根本的なシナリオ自体はあまり期待しない方がいい。
近親というジャンルにおいて、周りの人間…このゲームの場合だと、親や他の妹や学校の友達などに、自分たちの関係を「どんな風に周りに打ち明けて、その後どういう展開になるのか」というのが一つの見所だと思う。
特に、「危険な妹孕ませ情事アドベンチャー」と銘打っている通り、妊娠後に周りに告げる形になるので、その点に関しては結構重要視しなければいけない。
ルート外の妹の反応は中々良かったと思うが、親に関しては完全にスルーだったのが個人的に頂けない。
海外出張で何年も家に帰ってきてないという設定だが、「次に会った時に言えばいいや」スタンスで、結局どのルートも妹との関係を言わずに終わってしまった。(死んでしまった実母には、墓参りのときに報告するシーンあり)

個人的な意見になるが、このゲームの良い所は「好きなジャンルが多く含まれている」という点。
「妹」「孕ませ」「男性受け」「嫉妬・修羅場」「おもらし」…など、この文字列を見ただけで自分は歓喜する。
ただ、数は多いけど一つ一つが弱めなので、自分の様に複数の趣向が合わさってないと、イマイチかと。
上で挙げた中で、一番濃いジャンルはやはり「妹を孕ませる」という点なので、それを基準に考えればいいと思う。

>>キャラ

ヒロインに関しては、かなり良かった。
自分の場合、性格は絵里菜(画像黒髪)が、外見は智花(画像金髪)が好きで、ゆず(画像ピンク髪)はおもらし要因。
姉の沙織も性格にクセがあるが、それが逆に魅力的で惹かれる。
この様に、ヒロインは苦手なキャラが一人もおらず、全体的に好印象だった。

ただし主人公、てめぇは駄目だ。
欲望に忠実すぎるというか、考え方が色々やばい。
説明文にも書いてあるが、夜な夜な妹の部屋に侵入しては自分の性処理の為に使ったり、妹のパンツを見る度に匂いを嗅いだり被ったりしゃぶったり…。
それまでならギリギリ許せるんだけど、「欲望>妹」とみられる言動がどうしてもイラッっとさせられる。
ヒロイン達が良い分、主人公に関してはホントに残念だと思った。

嫉妬・修羅場に関しては、先ほども言った様に一つ一つは弱いが、シーン数が結構多い。
基本的に姉の沙織が悪役に回るので、「絵里菜or智花VS沙織」という図式が出来る。
例えば…
絵里菜「あれ、沙織さんいたんですか?」
沙織「はい、さっきからばっちりと目が合っていましたよね?」
絵里菜「すみません、本能的に沙織さんの存在を消していました」
沙織「絵里菜ちゃんて、よっぽど視力が悪いんですね?いい機会ですから、メガネでも掛けてクールキャラから真面目っ子キャラにイメチェンしたらどうですか?」
…という感じのライトな修羅場は、多々あったりする。

その他にも「絵里菜VS智花」という組み合わせがある。
この組み合わせはちょっと重めの修羅場で良い感じだが、基本的に仲が良いのですぐに和解するのが…。
ただ、トータルで修羅場ゲーとしてみる分には、このゲームはそこそこ良作かと思う。
質はあまり良くないけど、数が多いのがやっぱり強い。

>>システム

特に不具合なく、普通かと。

>>エロ

以下、エロシーンの内容。

■ 絵里菜
部屋で、オナニー。
部屋で、騎乗位。
公園で、フェラ。
海で、パイズリフェラ+前面立位。
部屋で、主人公に汗を拭いてもらう+側位。
学校の下駄箱で、立位。
部屋で、背面立位+アナル挿入+膣にバイブ+バックで挿入+放乳+腹ボテ。
部屋で、みんなが寝ている横でフェラ+放乳+腹ボテ。
キッチンで、裸エプロン+正常位。

■ 智花
部屋で、智花が寝ている時に主人公がオナニー。
海の家で、胸を揉んだ後にパイズリ。
海の家で、フェラ+騎乗位。
草原で、キス+騎乗位+手コキ。
部屋で、智花を赤ちゃんプレイ+背面側位+腹ボテ。
部屋で、膣にバイブ+アナルビーズ+正常位。
控え室で、パイズリ。

■ ゆず
リビングで、ツイスターゲーム中におもらし。
部屋で、タンポン挿入+正常位。
お風呂場で、主人公が脇舐めながら乳首を愛撫+ゆずのアナル周りの毛を抜く+手コキ。
お風呂場で、スク水着+フェラ+手コキ+アナル挿入+バックで挿入。
部屋で、ゆずのアナルに聴診器を当てたり指で弄る+ゆずを抱えて挿入+放尿。
リビングで、ゆずの担任の先生がフェラ+ゆずもフェラ。
部屋で、対面座位。
保健室で、紙コップに放尿+側位+腹ボテ。
リビングで、机の下にゆずが隠れてフェラ+腹ボテ。
智花の部屋で、智花が寝ている上でゆずにバックで挿入+放乳+おもらし+腹ボテ。
玄関で、騎乗位+腹ボテ+放乳。

■ 沙織
部屋で、フェラ。
部屋で、顔騎。
部屋で、手コキ+パンツコキ+乳首舐め+騎乗位。
ゆずの参観日に教室で、手コキ。
トイレで、対面座位。
生徒会室で、足コキ+正常位。
部屋で、顔騎+フェラ。

■ ハーレム
部屋で、絵里菜と智花がダブルフェラ+沙織がアナル舐め+絵里菜と智花に交互に挿入。
お風呂場で、絵里菜と智花とゆずのトリプルパイズリ+3人を順番に挿入。
部屋で、ゆずが背面騎乗+絵里菜と智花がフェラ。

「危険な妹孕ませ情事アドベンチャー」の名の通り、メインヒロインである3人の妹は、全員腹ボテ要素あり。
絵里菜とゆずの2人は母乳も出たりするが、何故か智花だけは母乳を出すシーンが無い。
男性受けっぽいシーンがちょろちょろあるのだが、主人公がエロに対して貪欲なせいで、受けシチュっぽくならないのが何か悔しい。
タイトルに反して、妹が僕を狙ってくれるシーンが少ないってどうよコレ。
ただ、エロシーンの背徳感狙いのシチュは良く、実用性もそこそこ良好。

キャラによって、エロシーン数や質に若干偏りがあると感じた。
個人的に「ゆず>絵里菜>智花」という扱いだったかと。
シナリオ順に並べると、「絵里菜>智花>ゆず」だが、ゆずのシナリオは色んな意味でインパクトが強いので、記憶に残るという意味ではゆずルートが一番。
何が言いたいかというと、智花が少し冷遇されているのでは…と。

>>プレイ時間

約7~8時間程度。
選択肢は複数あり、EDは全部で4つ。

>>まとめ

あくまでも抜きゲと割り切った上で、妹を孕ませるのが好きだったり、その他趣向が合わない限りはスルーした方が良いかと。
個人的には結構クセが強い作品だと思うので、大事をとって趣向が多少合う場合でも、値段落ちてから購入を推奨。

( 2012/05/01 23:45 ) Category B評価[抜] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
レビューの評価のつけ方
タグリスト
最近の記事+コメント
応援バナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。